不動産業界で求められるスキルとは?

これまで不動産業界での評価ポイントについて、リビンマッチ記事を参考にしてご紹介させて頂きましたが、今回はその不動産業で求められるスキルについて解説させて頂きます。

転職で求められるスキルとは?

ここでもリビンマッチMagaZineを参考に、求められるスキルについての記事がございますので、こちらをピックアップ致します。

転職者が不動産企業に求められる4つのポイント

■企業側の視点
求められる人材像を採用する企業側の視点で考えてみましょう。
当然ですが、採用する人物像の能力をどう定義するかは会社によって異なります。

自らが応募した(あるいは、しようとしている)企業が応募者の何に注目して採用しているのかを見極める上で、企業側の視点を持つことは重要になります。

多くの企業が採用判断の指針としているのは以下の4ポイントです。
・専門知識
・スキル
・職務志向
・態度、姿勢
1つずつ解説していきます。

■専門知識
不動産業界の知識やその関連知識を持っているかどうかです。宅建などの資格保有が必要な企業、職種もあります。

同業界からの転職であれば、
・用地仕入
・マンション販売
といった個別の業務経験が重視されます。
不動産企業の求人広告は、応募者の数(母数)を増やすために未経験歓迎としていることがあります。しかし、本音ではほとんどの企業が「経験者が欲しい」と考えています。なかでも用地や中古マンションの仕入れなどの職種は、仕入れ先とのネットワークが有ることが重視されます。未経験からの採用は少ないでしょう。

逆に、営業職の求人であれば不動産業界での経験がなくてもBtoCの営業経験(例えば自動車の営業など)があれば良い場合や、単に営業経験があれば良い企業もあります。

■スキル
「仕事スキル」と「対人スキル」に分類することができます。
仕事スキルは、
・計画立案力
・実践行動力
・完遂実行力
・状況把握力
・思考判断力
・PDCAを回せる力
などを有しているかが判断材料になります。

対人スキルは、
・口頭コミュニケーション
・文書コミュケーション
・信頼構築力
・プレゼンテーション力
などが挙げられます。

(リビンマッチMagazineサイト一部抜粋)
https://www.sumaistar.com/magazine/article/column/aoyagi-estate-career/6763

専門知識というのは、転職する上であるのとないのとでは待遇も変わってきますので、ある程度は持っていた方がよいのかなという感じですね。ただ、仕事スキルや対人スキルについても、職業によって様々ですので、見極めが重要そうです。

不動産業界で働くために(2)

前回、リビンマッチサイトよりピックアップさせて頂いた不動産業界の人事制度について、少し書ききれなかったので、今回も少しご紹介させて頂きます。

しかし、実際にその評価にてついて不動産会社では異なりますし、イメージがしずらいかもしれません。
ですので、不動産売買仲介会社の人事評価制度に例に解説している記事がリビンマッチにて紹介しておりましたので、こちらピックアップさせて頂きます。

リビンマッチサイトからピックアップ!不動産業界の転職情報

不動産業界の「MBO」「コンピテンシー」、それぞれはどう設定されているか

■不動産業界、MBOの評価期間はどれくらいなのか?
具体的に定量での評価(MBO)にどのような指標を掲げているのかを私が担当する不動産売買仲介会社様を例に見ていきます。

まずは、評価期間です。

評価期間の多くは、1Q(3カ月)もしくは半年に一回の評価期間があり、その評点が昇給や賞与に反映されます。

私が担当した会社では、評価期間は3カ月に設定しました。3カ月の目標の達成具合を6段階で評価しています。この会社では、この評価が基本給に反映されています。

3カ月という短いサイクルで評価することで、振り返りの機会を与えフィードバックを通じ行動改善を促すという狙いがあります。半期(半年)評価では目標を意識し、行動改善につなげるには期間が長いのです。

■目標は、自ら掲げるか?会社から付与されるか?
具体的に目標にはどういったものがあるのでしょうか。
会社によって異なりますが、目標設定方法には主に2つのパターンがあります。

自ら「私は3カ月でこれくらいの成果をあげます」と会社に対して宣言し追いかけていくやり方と、会社から「これを達成してほしい」という項目を付与されるケースです。

多くの場合は後者の会社から要望されるケースでしょう。

例に挙げた会社の場合も、後者のケースでした。
例えば、2年目の営業社員の定量目標は下記の4項目です。
①個人契約件数:3カ月で合格ライン18件
②個人仲介手数料(売上・保険・引越しの紹介手数料、関連商品の売上を含む):同期間で750万円
③売物件獲得件数(一般、専任媒介の契約書):同期間で12件
④チーム仲介手数料売上:同期間で750万円×人数

前回、定量評価では段階的に指標を設けていることが多いと述べました。最低到達レベルから最高到達レベルまで6段階に分けているケースが多いです。

例えば、①個人契約件数の項目で達成評価の項目は
1点:5件以下
2点:6件~11件
3点:12件~17件
4点:18件~23件
5点:24件~30件
6点:31件以上
となっています。

つまり、例えば3カ月で個人契約件数が4件だった場合は、評価すらされません。合格ラインの18件でも評価は4点になり、最低ラインをクリアした評価になります。残りの②~④に関しても、6段階に分けた指標が用意されています。

この会社は、基本給とは別にコミッション(歩合)が付きます。3カ月間の達成率で、「コミッションゼロ」~「売上の10%」までと変化する仕組みになっています。

上記では具体例を挙げて、不動産会社での評価方法を挙げております。
細かく評価され、評価されるために各自達成するためにどうすればよいのかフィードバックをして、改善する。あくまで例なので、不動産業界全体でというわけかどうかは分かりませんが、参考になります。

他の業界もやり方は違えど、会社のため又は自分のためにどのように働いてくれたかを評価はしていることでしょう。不動産業界でも、これまで培ったノウハウを活かしたい、チャレンジしたいという志がある人は是非、参考にいただけたらと思います。

不動産業界で働くために

不動産業界へ転職を考えている人はどれくらいいるのでしょうか。
「日本最大級の不動産サービス」のリビンマッチでは不動産業界に特化した転職情報、求人情報を発信している。

当サイトではこちらを参考に、不動産業界の転職、求人情報のあれこれをご紹介させて頂きます。

まず、不動産業界は、大きく分けると「不動産取引業」、「不動産賃貸業」、「不動産管理業」の3つに分類されます。
このうちのどれか1つだけを取り扱っている会社もあれば、3つとも取り扱っている会社もあるなど様々です。

また、この「不動産取引業」、「不動産賃貸業」、「不動産管理業」の主な職種としては以下になります。

分類訳主な職種一覧

・不動産取引業
営業、用地仕入、宅地建物取扱士など

・不動産賃貸業
営業

・不動産管理業
営業、用地仕入、宅地建物取扱士、不動産鑑定士、アセットマネジャー(AM)、ファシリティマネジャー(FM)、プロパティマネジャー(PM)、不動産事業企画など

上記はあくまで一部ですが、様々な職種が不動産業界にはあります。

リビンマッチサイトからピックアップ!不動産業界の転職情報

リビンマッチMagaZineサイトより不動産業界に転職を考えている人向けにおすすめトピックをご紹介いたします。

【従事者必見】不動産会社 人事担当者の評価ポイント
本稿では、一般的な物差しになっている2つの評価基準をご紹介します。

■定量評価制度(MBO)
MBO(Management by Objectives:目標管理制度)です。
これは、個人またはグルーブごとに目標を設定し、それに対する達成度合いで評価を決める制度です。1954年に、P.F.ドラッガーが自身の著書の中で提唱した組織マネジメントの概念です。

いわゆる定量的に測れる数値目標を指します。

具体的な項目としては、営業職であれば
・受注予算達成率(売上、粗利)
・新規顧客開拓件数などが挙げられます。

また、さらに細分化し、訪問件数、商談件数等を評価の数値として見られるケースも多いです。評価基準として、これらの目標を最低到達レベルから最高到達レベルまで大きくわけて6段階に分けているケースが一般的です。最低達成レベルは80%以下。最高で120%以上といった具合です。

■定性評価制度(コンピテンシー)
2つ目の評価項目として、コンピテンシーという行動目標が挙げられます。コンピテンシーとは、高業績者やハイパフォーマーに共通する行動特性を抽出したもので、全部で75項目の行動目標のことです。行動目標はあくまでもMBOを達成するために、どういった行動を意識していたかを評価する制度になります。

これも会社によって異なりますが、不動産業界の営業職として多く求められているコンピテンシーとしては、以下があります。

・ビジネスマナー:一流のビジネスマンとして、恥ずかしくない立ち居振る舞いをしているか。
不動産という、高額な商品を扱うビジネスなだけに必須項目です。

・自己革新 (啓発):自己の足りない部分や知識・技能を、自ら積極的に取り入れている。
不動産業界は、専門的な知識が多岐にわたるので、自ら進んで知識を吸収していかないといけません。当然必須項目です。

・目標達成への執着:最後の1分、1秒まで目標達成をあきらめずに、打てる手はすべて打つという姿勢。受注予算達成には必要な行動です。

・プレゼンテーション力:伝えようとしている内容を、的確かつ説得力を持って表現している。
営業としてのコミュニケーション力とプレゼンテーション力は重要です。

その他にも、顧客拡大力、維持力、親密性/ユーモア、傾聴力、条件交渉力などが評価項目となっているケースが多いです。

では、部下をけん引する管理職においては、どういった部分が評価の項目として見られているのでしょうか。

■管理職としての評価
管理職は、これまで紹介した評価制度に加え、「マネジメントができるか、できないか」という視点が入ります。

不動産業界は、売れればいいという一匹狼的な人材(個力)が多い業界です。しかし、昨今の傾向として、「チームやグループでいかにパフォーマンスを出すか」という方向に舵が向いている会社が多いように感じます。

そこで管理職に求められるのが、部下の指導、育成能力です。部下や後輩に気づきを与え、仕事を通じて計画的に部下の人間性を高め、成長させるといった部分が重要です。

■資格での評価
不動産業界に携わる資格はあらゆるものがあります。宅地建物取引主任士、ファイナンシャルプランナー、不動産コンサルティングなど、資格を取得することが人事評価にプラスにはたらくことは当然です。

それに加え、資格は昇進や昇格への条件にもなるケースが多くあります。自身のキャリアを作っていくためには、重要な項目だといえるでしょう。

評価基準というのはどの業界でも気になるポイントです。このトピックでは、会社側が従業員を評価する点について書かれておりますが、参考になります。実際に不動産業界では働く上で、どのようなことがポイントとなるのか、自分の強みは何で、何に強いのかしっかりアピールすること、それを持っていることが非常に大事になるのですね。