面接対策

「リビンマッチ・不動産業界転職人材」今回は「不動産業界の転職に必要なこと:面接対策」です。

不動産業界に転職を考えている方向けに、転職に必要なことについてをまとめてみました。今回は第5回目です(一応このシリーズラストです。)最後は、不動産業界に転職するにあたっての面接対策についてです。

不動産業界へ転職する際の面接対策とは??

どの業界にも同じだとは思いますが、転職するときは、なぜそこに入社したい、働きたいと思ったのかは必ず入社希望先の面接官に志望理由を聞かれます。転職の際に、一番と言って良いほど大事なのは面接での質疑応答や志望動機になります。

転職先での面接が決まれば、その転職希望先の会社の情報を細かくチェックし、なぜこの会社に入ろうと思ったのか、その経緯を自分の経験もプラスし相手に伝える。未経験の方の場合は、前職での実績ややる気をアピールすると良いのではないでしょうか。

たまにネットに転がっている、志望動機の定型文なんかを答えてしまうと相手はその道のプロですので、すぐばれますから絶対に使わないようにしましょう。当たり前ですが、オリジナルで且つ自分を売り込むならどこをよくアピールしたほうがいいか、プランを練って上手く相手に伝える。またなんで不動産業界なのか、ここは必ず聞かれる質問になるかと思いますので、時事的な要素もふまえながら答えられるようにすると良いでしょう。

あと面接時のマナーですが、着ていくスーツや靴、鞄も念入りにチェックしておきましょう。見た目は大事です。基本ではありますが、忘れずに。

以上になります。それらしいことを言っておりますが、参考にして頂けると幸いです。
リビンマッチサイトではもっと専門的要素から不動産業界の転職事情、求人情報(私も都度、チェックしています)が配信されておりますので、こちらも参考にしてみて下さい。

宅地建物取引士とは

「リビンマッチ・不動産業界転職人材」今回は「不動産業界の転職に必要なこと:宅地建物取引士とは」です。

不動産業界に転職を考えている方向けに、転職に必要なことについてをまとめてみました。今回は第4回目です。
今回は、転職するにあたって必要な資格とは?についてです。

不動産業界に転職する際に必要な資格はあるのか

前にもちょろっと書きましたが、不動産業界に転職するのであれば後にも先にも「宅建」はとっておいた方がよいでしょう。

宅地建物取引士とは

宅地建物取引士とは、不動産取引をするにあたり公的に認められた資格保持者である。宅地建物取引士資格試験に合格した後、都道府県知事の登録を受け宅地建物取引士証の交付を得ることで宅地建物取引士になれる。不動産業者は、各事務所に従事者5名に対して1名以上の割合で専任の宅地建物取引士を置かなければならない。重要事項説明・重要事項説明書への記名押印・37条書面への記名押印この3つは宅地建物取引士だけが行う。
リビンマッチ用語集「宅地建物取引士」より

この宅建を持っておくことで、仕事の幅がさらに広がりますし、資格を取得している方が将来性も増すと思います。(宅建がベースとなる知識を有することが必要な仕事はあるようです。)

ですので、必要な資格として宅建は不動産業界に転職するのであれば、取った方がいいです。

未経験

「リビンマッチ・不動産業界転職人材」今回は「不動産業界の転職に必要なこと:未経験」です。

 

不動産への転職は未経験でも問題ないか

結論として、転職することは可能です。
どんな仕事も必ず皆さん未経験なはずです。そこはただ、やったことがなくイメージが付いていないことによる不安になるので、最初から上手くやろうというのではなく、コツコツやりながら仕事を覚えていけばよいのではないでしょうか。

また、転職の場合においては全く違う業務にチャレンジする場合においてもですが、今まで培ってきたスキルや知識というのは役に立ちます。ですので未経験だとしても問題はないのではと自分は思います。

後、2020年に控えた東京オリンピックなどの営業によって、不動産業界の転職事情は結構活況しています。なのでチャンスも多いかと。

ただ、不動産業界にいざ転職と言っても、雰囲気が合わないとか、給与面で納得ができないとかで1年たたずに退職、なんてことが起きないようにマッチングは慎重にしましょう。リビンマッチのサイトでも転職情報など頻繁に更新しておりますので参考にすると良いと思います。

学歴

「リビンマッチ・不動産業界転職人材」今回は「不動産業界の転職に必要なこと:学歴」です。

不動産への転職に学歴は必要か

まず学歴というのは特に重要視されてはいないようです。ただし、今までの実績というのは重要視されます。(何をやってきたのか、どんな実積を上げていたのかなど)

なので、不動産業界が未経験の転職希望の方はまずは転職する前に自分の経歴について確認しておく必要があります。学歴に自信がなくても自分は前職でこんなことをやったんだ、こんな実績を上げて会社に貢献したなどアピールポイントが多ければ多いほど(どの業界に転職する時でもそうだとは思いますが、、)かなり有利になるかと思うので、そういう自分の”売り”は事前にまとめておくといいのではないでしょうか。

また、営業職希望であれば特に学歴というのは関係なく、どちらかというと総合職にかなり高学歴の方が多いようなイメージがあります。特に大手不動産会社はそうなのではないでしょうか。(間違っていたらごめんなさい。。)
さらに年収においても歩合制のところが多いようですので、営業職が総合職の年収を超えるなんてこともあるみたいです。なので、頑張ったら頑張った分だけ収入に反映される、ここもよく言われているメリットの1つでもあります。

準備

「リビンマッチ・不動産業界転職人材」今回は「不動産業界の転職に必要なこと:準備」です。

不動産業界に興味がある、働いてみたいと考えている方はどのぐらいいるのでしょうか。

またいざ転職しようと思っていても何か資格は必要なのか、未経験でも問題ないか、確かに不安な点は色々とあります。そんな不動産に転職に関する情報について、数回に分けて参考になるかは未知数ですが、ご紹介させて頂きます。

では不動産業界に興味はあるけど、不安な点(気になる点)はどんなことが挙げられるでしょうか。

・体育会系が多いイメージで自分が溶け込めるか不安

・長く働いていけるかどうか

・キャリアを構築していく上でこの選択は正しいのか

などなど。しかし、このような悩みは不動産業界だけに関わらず、他の業界へ転職するといった場合でも色々でてくるはずです。今の時代、様々なツールを活用することで、簡単に情報を手に入れることが出来ますし、転職サイトをうまく活用することで細かく自分にマッチするかどうかというのも、確認することができます。

要するにまずは、色々と下準備をすることが重要です。

不動産業界に必要な準備とは

未経験でも営業職であれば、入社後にあれこれ学びながら必要な情報を吸収していけばいいとは思いますが、ある程度の知識ぐらいは予習しておいた方が無難でしょう。経験を重ねていくことでおのずといろんな不安というのは払しょくされていくのではないでしょうか。

また求人の中に宅建取得者優遇という、求人も多いですので宅建は持っておくとかなり有利なのではないでしょうか。