Mr.リビンマッチが解説:区分所有管理士とは

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産業界転職人材」今回は「転職に必要なこと:区分所有管理士とは」です。

区分所有管理士とは

区分所有管理士は、マンション管理のプロを目指す資格です。マンションストックの増加に伴って、マンション管理における問題も多様化してきています。管理会社ではより高度な専門性が求められるようになってきました。管理運営の専門家を育成するために平成8年に高層住宅管理業協会が創設した資格認定制度が区分所有管理士なのです。

区分所有管理士は管理会社に期待されている高度な専門性をもった人材の証明となります。区分所有法に基づく建物の企画・設計、管理組合運営、大規模修繕工事のマネジメントなどマンションの多彩な業務を統括する専門家となります。

区分所有管理士になるには専門的な知識、技術を有する者で高層住宅管理業協会が定める「資格審査・認定事業規定」試験に合格する必要があります。管理業務主任者試験合格者・マン ション管理士試験合格者などには試験の一部が免除される規定がありました。

平成24年度の実施をもって区分所有管理士試験自体は終了していますが、登録の更新は所定の手続きにて継続しています。現在までに5,000名以上の方が区分所有管理士として認定されています。

Mr.リビンマッチが解説:賃貸不動産管理士とは

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産業界転職人材」今回は「転職に必要なこと:賃貸不動産管理士とは」です。

賃貸不動産管理士とは

最近は不動産の物件取引後の管理業務が重要視され ています。賃貸管理の現場でよりプロフェッショナルな対応が必要とされているのです。そこで、貸主・借主の双方に対してアドバイスを行える資格として登場したのが、賃貸不動産管理士です。貸主・借主のアドバイザーをめざすのなら挑戦すべく資格であるのいえるでしょう。

賃貸不動産管理士は、平成15年から始まった資格です。不動産賃貸管 理業務の適正化、 健全化に寄与することを目的とし全宅連(全国宅地建物取引業協会連合会)系の賃貸不動産 管理業協会が行う賃貸不動産管理業務のプロとして注目を集めている資格です。

この資格は賃貸不動産管理業協会が行う研修を受講し、講習修了時に行われる試験に合格しなければなりません。無事「賃貸不動産管理士」に登録すると、賃貸不動産管理協会のホームページにおいて氏名を公開されます。

賃貸不動産管理士は現在までに約3万人を超える資格者が輩出されています。年金問題等がささやかれる中で、国土交通省が掲げている「ストック重視の住宅政策への転換」において不動産管理は重要な課題となっています。今後、賃貸住宅管理業者登録制度における役割も期待されており、社会的に必要とされている資格であるといって過言ではないかもしれません。

Mr.リビンマッチが解説:不動産コンサルティング技能試験とは

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産業界転職人材」今回は「転職に必要なこと:不動産コンサルティング技能試験とは」です。

不動産コンサルティング技能試験とは

不動産の利用、取得、処分、管理、事業経営、投資等に関する知識や技能に関する試験です。合格して登録したものには、「不動産コンサルティング技能登録証」が交付されます。公布を受けると、不動産コンサルティング技能登録者となります。不動産コンサルティング技能登録者は、アドバイザーとして不動産業の様々な場面で活かすことが可能です。

コンサルティングの能力は不動産業界を生き抜くために重要な付加価値であるといっても過言ではありません。不動産の価格は, 一時期に比べればかなり安くなり、価格が上昇する要因にも乏しい状況です。投資目的を別とすれば不動産を買う「よい時代」がやってきつつあるといえるでしょう。また引き続き金利も低い状態です。低金利はローンを組む側から見れば好条件の一つといえます。不動産の取得にもじっくり時間をかけて選ぶ時代になっています。これは物件だけでなく不動産業者に対しても当てはまります。不動産業者もじっくりと選ばれる時代になってきたわけです。

選ばれる不動産業者になるためには、いかに他の業者と差別化をはかるかがポイントになってきます。つまり付加価値です。その有力なものの一つとしては不動産のコンサルティング能力があげられます。 正確な情報とその情報をもとに判断する能力です。
顧客がかかえる疑問や不安は多種多様なものとなっています。これらに的確にこたえられる不動産のコンサルティング能力をもつ人材が求められています。それこそが不動産業界で生き残るための知的財産であるといえます。

現在は依頼者のニーズにこたえて宅建業法とは分離・独立して、不動産コンサルティング業務を行う土壌も形成されつつあるのです。

Mr.リビンマッチが解説:賃貸住宅管理士とは

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産業界転職人材」今回は「転職に必要なこと:賃貸住宅管理士とは」です。

賃貸住宅管理士とは

賃貸住宅管理士はいま注目されている新資格であり、賃貸住宅のアドバイスを行う専門家としての資格となります。賃貸住宅管理士は、賃貸住宅の所有者に対して,安 定的かつ効率的な資産運用のためのコンサルティングを行うほか、入居者の依頼や相談に対してのアドバイスを行う専門家です。賃貸住宅管理士の資格は日本賃貸住宅管理協会によって認定されています。

 

賃貸住宅管理士の仕事

具体的には自主管理の家主や管理を委託している家主に対しては、賃貸住宅建設の企画提案、入居者の募集・契約・管理業務、建物・設備の維持保全などのほか、長期的資産保全、資産管理、相続税、原状回復と敷金精算などのコンサルティングなど多岐にわたります。

また、入居者に対しても入居者が安全かつ快適な住生活を送れるよう、物件の探索や調査、 近隣の迷惑行為や更新拒絶、原状回復などのトラブル解決のためのアドバイスも行います。賃貸住宅管理士の仕事には、実務だけでなく、法務、税務と多方面からの幅広い知識が必要となります。賃貸不動産管理でスキルアップをめざすには「賃貸住宅管理士」はちょうどよい資格といえそうですね。

賃貸住宅管理士への道

賃貸住宅管理士になるには1次と2次の研修を受けなくてはなりません。また、ただ研修を受講するだけでなく、1次研修修了時、2次研修修了時には修了試験があります。賃貸住宅管理士になるにはこれらの修了試験にも合格する必要があります。

2次試験に合格し登録を希望する場合、日本賃貸住宅管理協会の登録を受けることができます。ただし、その際には協会が認めた「住宅・不動産関連業種」に2年以上在職していることが条件になります。 住宅・不動産関連業種とは、賃貸住宅管理業、賃貸業 不動産業(分譲, 流通など), 建設業,住 宅設備業,保険業、運輸業, コンピューター関連業などです。そのため、賃貸住宅管理士は不動産業に幅広くかかわっている人が受験する資格です。

 

賃貸住宅管理士は,高度な技能を備えた専門家として家主、入居者双方から期待されています。

Mr.リビンマッチが解説:FP技能士とは

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産業界転職人材」今回は「転職に必要なこと:FP技能士とは」です。

FP技能士とは

資産運用能力を高めるのにお勧めの資格がFP技能士の資格です。FP技能士は不動産知識が活きる資格でもあります。

FP技能士(ファイナンシャル・プランナー)とは, 顧客(個人)のライフプランに合わせた総合的な資産設 計や資産運用を援助する資格者です。つまり, 個人の資産や財産の管理・運用の相談役といえます。個人の資産運用のプランニングと不動産は切っても 切れない関係にあります。居住用でも投資目的でも,不 動産を売買することに変わりはありません。買うための資金計画や、どのタイミングで買えばいいのか、住宅ローンの借り換えや不動産の売却など不動産の実践的な知識が有効になります。

その他にも、ワンルームマンションの投資などでは、金利の変動や担保価値の問題など将来の経済情勢を見極める 目も必要不可欠で、そのニーズは今後ますます高まるものと思われます。不動産業で培われた経験とFP技能士で得た知識を活かしていくのがこれからの不動産コンサルタントなのといえるのでしょう。

FPには従来から日本ファイナンシャル・プランナーズ(日本FP)協会系の「AFP(普通資格)」「C FP(上位資格)」、金融財政事情研究会(金財)系の 「金財FP」の2系統の資格があります。そこに国家資格として「FP技能士(1~3級)」が新設されました。

新たに国家資格となった「FP技能士」の 2級についてご紹介します。この試験は正式には2級ファイナンシャル・プランニング技能検定といいます。学科試験と実技試験が行われ
ていますので、その両方に合格する必要があります。

学科試験と実技試験は同じ日に実施されるので2つの試験を1日で受験することもできます。学科か実技のどちらかに合格した人には試験の免除制度がありますので、別々に受けることも可能です。ただし一部合格による試験免除には免除期間が定められています。免除期間への注意が必要です。

ファイナルシャルプランナーとして2年以上の実務経験がある場合はそのまま「FP技能士」の 2級受験資格がありますが、実務経験が3級資格に合格すること、もしくは研修を受ける必要があります。

FP技能士で問題となる顧客の資産設計を提案力は不動産コンサルティング能力として欠かせないものです。これからの不動産業界を生き抜くうえでお勧めの資格のひとつといえるでしょう。