賃貸不動産管理士とは

「リビンマッチ・不動産業界転職人材」今回は「転職に必要なこと:賃貸不動産管理士とは」です。

賃貸不動産管理士とは

最近は不動産の物件取引後の管理業務が重要視され ています。賃貸管理の現場でよりプロフェッショナルな対応が必要とされているのです。そこで、貸主・借主の双方に対してアドバイスを行える資格として登場したのが、賃貸不動産管理士です。貸主・借主のアドバイザーをめざすのなら挑戦すべく資格であるのいえるでしょう。

賃貸不動産管理士は、平成15年から始まった資格です。不動産賃貸管 理業務の適正化、 健全化に寄与することを目的とし全宅連(全国宅地建物取引業協会連合会)系の賃貸不動産 管理業協会が行う賃貸不動産管理業務のプロとして注目を集めている資格です。

この資格は賃貸不動産管理業協会が行う研修を受講し、講習修了時に行われる試験に合格しなければなりません。無事「賃貸不動産管理士」に登録すると、賃貸不動産管理協会のホームページにおいて氏名を公開されます。

賃貸不動産管理士は現在までに約3万人を超える資格者が輩出されています。年金問題等がささやかれる中で、国土交通省が掲げている「ストック重視の住宅政策への転換」において不動産管理は重要な課題となっています。今後、賃貸住宅管理業者登録制度における役割も期待されており、社会的に必要とされている資格であるといって過言ではないかもしれません。