Mr.リビンマッチが解説:区分所有管理士とは

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産業界転職人材」今回は「転職に必要なこと:区分所有管理士とは」です。

区分所有管理士とは

区分所有管理士は、マンション管理のプロを目指す資格です。マンションストックの増加に伴って、マンション管理における問題も多様化してきています。管理会社ではより高度な専門性が求められるようになってきました。管理運営の専門家を育成するために平成8年に高層住宅管理業協会が創設した資格認定制度が区分所有管理士なのです。

区分所有管理士は管理会社に期待されている高度な専門性をもった人材の証明となります。区分所有法に基づく建物の企画・設計、管理組合運営、大規模修繕工事のマネジメントなどマンションの多彩な業務を統括する専門家となります。

区分所有管理士になるには専門的な知識、技術を有する者で高層住宅管理業協会が定める「資格審査・認定事業規定」試験に合格する必要があります。管理業務主任者試験合格者・マン ション管理士試験合格者などには試験の一部が免除される規定がありました。

平成24年度の実施をもって区分所有管理士試験自体は終了していますが、登録の更新は所定の手続きにて継続しています。現在までに5,000名以上の方が区分所有管理士として認定されています。