不動産業界に向いている人って?

どのような職業にも適性、つまりその仕事に向いているか否か、という特徴があります。不動産業界に向いている人はどのような人なのでしょうか。リビンマッチの「不動産転職塾」にて解説されている内容を元にまとめてみました。

不動産業界に向いている人とは?

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高いということは、必ずしも多弁(お喋り)であることを意味しません。重要なことは、お客様と正確な意思疎通ができ、お客様の求めることを把握し、お客様に満足していただける提案ができる、ということです。もちろん、人と話すことが好きである、得意である、ということはコミュニケーションにおいてプラスとなります。ですが、お客様から信頼していただくためには、いかにお客様の意向を汲み取り、満足していただける提案ができるか、といったポイントの方が重要でしょう。

身だしなみに気をつかえる

人と会う機会が多い仕事ですので、第一印象の大きな要素となる身だしなみは常にチェックする必要があります。特に意識せずとも身だしなみをチェックできる人は不動産業界に向いていると言えるでしょう。転職時には面接が実施されますが、この面接の際にも身だしなみは必ずチェックされていると考えてください。ちょっとした空き時間に髪型やネクタイを直す癖を身に着けると良いでしょう。リビンマッチの転職塾でも、面接の際には普通のビジネスマンよりも清潔感が求められる、とされています。

活動的である

フットワークが軽い、と言い換えてもよいでしょう。常に情報収集を怠らず、気づいたことや思いついたことをすぐ実行に移せる能力は不動産業界で働くにあたって有利に働くでしょう。お客様への提案、会社への提案は、早ければ早いほど良いものです。もちろん、軽率と受け取られかねないような安易な行動は控えるべきですが、例えば上司へすぐに相談する、お客様からのご要望を自分で判断できないときにはすぐに会社へ連絡して判断を仰ぐ、といった行動が取れることも、活動的であると言えるでしょう。

地道に実績を出すことができる

活動的である、という適性とは真逆のように感じられるかもしれませんが、不動産業界では実績を出すことが何より求められます。実績を積み上げることで、会社やお客様からの信頼を勝ち取ることができます。逆境にあっても地道に実績を積み重ねられるメンタルの強さも重要です。リビンマッチの不動産転職塾においても、目の前の仲介を1件ずつ決めていくことができる、地に足の着いた人材が好まれる、と解説されています。

リビンマッチの不動産転職塾では、不動産業界において共通して好まれる人物像を紹介しています。人物像の特徴として様々な点が挙げられていますが、特に重要なポイントは以下の通りになるでしょう。
・コミュニケーション能力が高い
・身だしなみに気を使える
・活動的である
・地道に実績を出すことができる
転職後に後悔しないためにも、ご自身の適性を見直してみましょう。