不動産業界へ転職するには転職エージェントがおすすめ?

「リビンマッチ・不動産業界転職人材」今回は「不動産業界へ転職するには転職エージェントがおすすめ?」です。

この記事を読んでいる人の中には不動産業界に興味があって転職を考えている人もいるのではないでしょうか。転職を行うとなると、求人を探して応募し、日程調整、面接、履歴書作成などやることはたくさんあります。しかし、これらのことをサポートしてくれるサービスがあります。それが転職エージェントです。転職希望者一人ひとりに寄り添いその人のことを考えたサポートを行ってくれる転職エージェントは非常に心強い存在となります。今回はそんな転職エージェントがどういったものなのか紹介します。

転職エージェントとは

概要

転職エージェントとは、簡単にいうと人材紹介サービスのひとつです。求職者がエージェントのサービスに登録するとさまざまなサポートを受けられます。
近年ではライフスタイルや働き方に対する考え方が多様化していることもあって、転職を希望する人のニーズもより複雑なものになっています。そういった背景もあって転職時にサポートが受けられること求職者にとってはもちろん、企業側にとっても非常に役に立ちます。
では、どういったサポートが受けられるのかというと以下のようなものとなります。

・キャリアアドバイザーとの面談
・求人の紹介
・非公開求人にも応募できる
・職務経歴書の添削や面接対策
・面接日程の調整
・給与の条件交渉

転職エージェントでは利用者一人ひとりに対してキャリアアドバイザーと呼ばれるさまざまなサポートを行ってくれる人がつきます。転職希望者はこのアドバイザーと2人3脚で転職を目指していくのです。アドバイザーは本人の希望に沿った求人を紹介してくれ、なかには転職サイトには掲載されていないような非公開求人なども含まれています。また、転職時に必要となる職務経歴書の添削や実際の面接対策などのほか、企業との面接日程の調整まで幅広くサポートを行ってくれます。
転職を一人で行うのは大変そう、と思っている人にとっては非常に役に立つサービスです。特に転職が初めての人にとっては転職に関するさまざまな不安を解消してくれるでしょう。

転職エージェントの仕組み

転職に関するさまざまなサービスが受けられる転職エージェントですが、サービスは基本的にすべて無料で受けられます。
手厚いサポートが無料というと驚くかもしれませんが、これにはある仕組みがあります。
それは、転職エージェントは求人を出している企業からお金をもらっているということです。求人を出す企業は転職エージェントを通して採用が成功した場合に成功報酬として転職エージェントにお金を支払う仕組みになっているため、利用者側にはお金を負担する必要がありません。
同じ転職でも転職サイトを利用するとなると企業側は採用の成否に関わらずサイトへの掲載費用がかかってしまいますが、転職エージェントの場合採用が成功しなければ費用負担は発生しないのです。
そのほかにも以下のようなメリットが企業側にはあります。

・採用業務の負担軽減
・求人を他社に知られない
・経験者を採用できる

企業側は基本的に転職エージェントに求人を登録すると、あとはエージェントで進めてくれ、面接などを行うだけなので採用活動にかかる負担を大きく軽減することができます。
また、非公開求人で採用することもできるので重要なポストなどの求人情報を他社に知られる心配がありません。
そして、アドバイザーが判断したうえで転職希望者に求人を紹介するため、採用者を採用することができ、企業と全く合わない人が面接に来ることはありません。
ちなみに転職エージェントに対して、転職サイトには以下のような特徴があります。

・求人情報を多数掲載
・利用者が自らサイトに公開されている求人から探して応募する
・職務経歴書などを登録しておくと企業からスカウトがくる場合も
・面接日調整や給与の交渉を自分で行う

転職エージェントと転職サイトはどちらがよくて、どちらが悪いというものではなく、自分にあったものを選ぶことが大切です。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントを利用する場合メリットもあればデメリットもあります。どういったものがあるのか確認していきましょう。
まずメリットとしては以下のようなものがあります。

・利用料無料
・非公開求人にも応募可能、
・自分に合った企業が見つかりやすい
・良き相談相手になる

すでに説明しているものもありますが、アドバイザーは利用者の適性を考えたうえで求人を紹介してくれるため、自分にあった条件の企業が見つかりやすくなります。また転職全体に対する不安を相談できる相談相手になるのも大きなメリットです。

一方でデメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・転職したい業種が決まっていない人には向いていない
・自分で求人を探したい人には向いていない
・担当エージェントとの相性

どの業界に転職したいのかわからないから、いろんな求人を見てみたいという人には転職エージェントの形態は向いていないと言えます。
また、担当してくれるアドバイザーとの合う・合わないといった点も場合によってはデメリットになります。

不動産業界への転職時のポイント

志望動機と転職理由

エージェントを利用してもアドバイスを受けることはできますが、転職活動を行うときは志望動機と転職理由をはっきりとさせることが重要です。
例えば転職理由としては仕事内容や給料に対する不満を理由とするのではなく、キャリアアップやさらなる成長を求めるなど前向きな理由とすることが重要です。
また、応募する企業に対する志望動機も、どの会社にも通用する内容だと採用担当者にとって魅力的に映らないため、なぜ、その企業なのか、競合他社との違いや自分の経験などを踏まえながらより具体的にしなければいけません。

自分の強み

転職理由、志望動機を考えるうえで大切になるのが自分の経験です。これまでどういった仕事に取り組んできて、何ができて、どういった点を強みとしているのか、スキルをはっきりとさせましょう。
それを踏まえたうえで自分のスキルで転職先の会社でどういった貢献ができるのかといった点に言及できると採用担当者も採用後の姿をイメージしやすくなります。

不動産業界への転職で利用できるエージェントは?

最後に不動産業界へ転職する場合にどういった転職エージェントがあるのか紹介します。

不動産業界 専門のエージェント

まずは、不動産業界への転職を専門としているエージェントです。不動産業界に特化しているので、業界に対する専門知識やノウハウを十分に備えているのが特徴です。
一方で扱う求人は不動産業界のみなので総合的に扱うエージェントよりも求人数は少なくなります。

不動産業界を専門としているエージェントとしては例えば、スラッシュ株式会社が運営する「不動産キャリアエージェント」があります。求人に関しては不動産業界以外のものは一切扱っておらず、職種も仲介から事務、施工管理など多岐に渡ります。

通常のエージェント

不動産業界を含めさまざまな業界の求人を扱っているエージェントです。不動産以外の求人も扱うため、選択肢の幅は広がる可能性があります。
代表的なものとしてはリクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」、株式会社パソナが運営する「パソナキャリア」などがあります。どちらも求人数が万単位で存在しているほか、大手ということで実績もノウハウも十分です。

不動産業界を得意としているアドバイザーがいる

エンジャパンが運営する「エンエージェント」では、不動産業界を専門としているアドバイザー(エンエージェントではキャリアパートナーと呼ぶ)が多数います。また、キャリアパートナーのプロフィールも詳細に記載されているので利用にあたって安心することができます。

不動産業界への転職は転職エージェントも選択肢の1つ

今回は不動産業界への転職を希望する人向けに転職エージェントについて紹介してきました。転職エージェントを利用することで手厚いサポートが無料で受けられます。また非公開求人も多数扱うため、転職サイトでは見つからない自分にあった企業が見つかる可能性もあります。不動産業界へ転職するということが決まっているのであれば転職ーエジェントを利用してみてはいかがでしょうか。