Mr.リビンマッチが解説:不動産業界で求められるスキルとは?

「Mr.リビンマッチ(旧スマイスター)が解説するリビンマッチ(旧スマイスター)・不動産業界転職人材」今回は

これまで不動産業界での評価ポイントについて、リビンマッチ(旧スマイスター)記事を参考にしてご紹介させて頂きましたが、今回はその不動産業で求められるスキルについて解説させて頂きます。

転職で求められるスキルとは?

ここでもリビンマッチ(旧スマイスター)MagaZineを参考に、求められるスキルについての記事がございますので、こちらをピックアップ致します。
転職者が不動産企業に求められる4つのポイント

■企業側の視点
求められる人材像を採用する企業側の視点で考えてみましょう。
当然ですが、採用する人物像の能力をどう定義するかは会社によって異なります。

自らが応募した(あるいは、しようとしている)企業が応募者の何に注目して採用しているのかを見極める上で、企業側の視点を持つことは重要になります。

多くの企業が採用判断の指針としているのは以下の4ポイントです。
・専門知識
・スキル
・職務志向
・態度、姿勢
1つずつ解説していきます。

■専門知識
不動産業界の知識やその関連知識を持っているかどうかです。宅建などの資格保有が必要な企業、職種もあります。

同業界からの転職であれば、
・用地仕入
・マンション販売
といった個別の業務経験が重視されます。
不動産企業の求人広告は、応募者の数(母数)を増やすために未経験歓迎としていることがあります。しかし、本音ではほとんどの企業が「経験者が欲しい」と考えています。なかでも用地や中古マンションの仕入れなどの職種は、仕入れ先とのネットワークが有ることが重視されます。未経験からの採用は少ないでしょう。

逆に、営業職の求人であれば不動産業界での経験がなくてもBtoCの営業経験(例えば自動車の営業など)があれば良い場合や、単に営業経験があれば良い企業もあります。

■スキル
「仕事スキル」と「対人スキル」に分類することができます。
仕事スキルは、
・計画立案力
・実践行動力
・完遂実行力
・状況把握力
・思考判断力
・PDCAを回せる力
などを有しているかが判断材料になります。

対人スキルは、
・口頭コミュニケーション
・文書コミュケーション
・信頼構築力
・プレゼンテーション力
などが挙げられます。
(リビンマッチ(旧スマイスター)Magazineサイト一部抜粋)

専門知識というのは、転職する上であるのとないのとでは待遇も変わってきますので、ある程度は持っていた方がよいのかなという感じですね。ただ、仕事スキルや対人スキルについても、職業によって様々ですので、見極めが重要そうです。